イメージ画像

プロフェッショナルの戦略交渉術

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アシスト・マガジン          2007.9月30日 発行
  25号

発行責任者:的場成夫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■このメールマガジンは、

  的場特許事務所   http://www.matoba-pat.jp/
  知的財産とビジネス http://www.ip-blog.net/

 にて行っている情報発信では
 カバーしきれないタイムリーな情報や、
 ホームページやブログには馴染みにくい情報を発信し、
 皆様の『知的活動』をアシストすることを目的としています。

■転送は自由です。
 転送にて受け取られた方などで、直送をご希望の方は、
   
   http://www.ip-blog.net/

 からご登録願います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ☆☆ 『知財コンサルティング・研修生』募集のご案内 ☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

知財コンサルティングをビジネスとしている
IPトレーディング・ジャパン(株)が、人材を募集しています。

   http://www.iptj.co.jp/

(僭越ながら私(的場)はIPTJの顧問をさせていただいております。)

案件急増に伴い、急募です!

 知財流通、知財評価、知財コンサルティングに関心のある方

応募されてみては如何でしょうか。

弁理士資格者、知財検定1,2級合格者には、うってつけの職場です

将来にわたって知財の仕事に就こうとされている方にとって、
IPTJの経験は、仕事の裾野を広げる上で、必ず役に立ちます。

正社員はもちろん、「特許事務所からの研修生」という形での
ジョインも歓迎とのこと。

お問い合わせは、

  info@matoba-pat.jp (的場宛) または
  aihara@iptj.co.jp (IPトレーディング・ジャパン宛)

まで。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ☆☆ 「プロフェッショナルの戦略交渉術」のご紹介 ☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本弁理士会の知財ビジネスアカデミーにて
「交渉学」の講師を担当されている隅田浩司 先生が、
日本経団連出版から
           
   「プロフェッショナルの戦略交渉術」

を出されました。

https://www.directform.info/rdr.do?id=3264

世に色々ある「交渉術」ではなく、
「交渉学」という学問として学べる本です。

隅田先生の講義は大変分かりやすいので、講義を聴きたい方は、
日本弁理士会の知財ビジネスアカデミーもチェックしていてください。

http://www.jpaa.or.jp/ipba/index.html

(人気講座なので、すぐに定員になってしまいます。)

【SP】法人向けのレンタルサーバ 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ☆☆ 「アキバ・ロボット運動会2007」のご紹介 ☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
誰もが参加できる”ロボット体験”盛りだくさん!

主催:NPO法人産学連携推進機構
後援:経済産業省関東経済産業局、千代田区、秋葉原電気街振興会、
社団法人日本ロボット工業会

■日時:平成19年10月20日(土)10:00-19:00
          21日(日)10:00-17:00
■会場:秋葉原ダイビル2階・5階「秋葉原コンベンションホール」
(JR秋葉原駅電気街口出て右手すぐの高層ビル)

企画内容詳細は、公式Webサイト

 http://www.akibatechnopark.jp/project/robot2007.html

をご覧ください。

なお、昨年は1万人を超す来場者があったそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 知的財産とビジネスへ広告が出稿できます(1日300円~)
  詳細はこちらから。
  http://www.ip-blog.net/2006/11/post_193.html
  お問い合わせ → admin@ip-blog.net

■ 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
  アシストマガジンに対するご要望、ご感想など
  ございましたらお願いいたします。   

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【発行責任者】 的場 成夫
【ブログ】        http://www.ip-blog.net/
【WEBサイト】     http://www.matoba-pat.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

タグ

いわて知財セミナー2006

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アシストマガジン           2006.09.09発行
第2号

発行責任者:的場成夫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■このメールマガジンは、

  的場成夫のホームページ http://www.matoba-pat.jp/
  ブログ         http://www.ip-blog.net/

 にて行っている情報発信では
 カバーしきれないタイムリーな情報や、
 ホームページやブログには馴染みにくい情報を発信し、
 皆様の『知的活動』をアシストすることを目的としています。

■転送は自由です。
 転送にて受け取られた方などで、直送をご希望の方は、
   
   http://www.ip-blog.net/

 からご登録願います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ☆☆アシストNo.2☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回は、
 プラネット株式会社 http://www.plasnet.co.jp/
をご紹介いたします。

特許事務所とは縁の深い、「図面屋さん」です。
(本当は、他にも色々な事業をされているのですが)

社長の坂井様は、機械商社でのご経験などを活かして、
この会社を運営されています。

私の場合の典型的な依頼は、

  『この青焼き平面図から組み立て斜視図を作成して!』

といった要望なのですが、すぐに応えていただいてます。

最近では、裁判の準備書面などとして、

  『特許明細書よりも更に分かりやすい図解書類の作成』

といったリクエストにも応えられているようです。

8年前、社長の坂井様は、路頭に迷っている私を、
半年間、居候させてくださいました。

元ホテルマンという経歴もお持ちで、
知財業界の情報通でもあります。

お会いすれば、素晴らしい方であることがお分かりいただけます。

特許事務所のアシスト役、
プラネット株式会社のご紹介でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ☆☆いわて知財セミナー2006☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

9月22日:岩手県にて知財セミナーの講師を
させていただくことになりました。

日本弁理士会と岩手県とは、知財に関する支援協定を締結しました

このセミナーはその協定の一環として行われるもので、
昨年の基礎編に続き、中級編として企画されたものです。

余談ですが、いわて知財セミナーにおける

    『見つけよう、発信しよう、いわての知財』

という昨年のキャッチフレーズは、
的場が作成して投稿したところ、採用されました。

光栄なことに、本年も継続して使っていただけるようです。

弁理士6名、地元経営者2名の合計8コマが準備されています。
的場が担当するのは初日の2コマ目であり、

    知的財産の創造と管理(事業が発展するアイディア発掘のコツ)

というテーマとなっています。

何かのお役に立つことで、
私自身もエネルギーをもらってこようと思っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ☆☆ 知財ビジネスアカデミー後期クラス科目・研究ゼミ ☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本弁理士会は、知財ビジネスアカデミーを運営しています。

本年の開校式には、
内閣官房 知的財産戦略推進事務局 局長の荒井寿光様にも
おいでいただきました。

   http://www.jpaa.or.jp/ipba/ 

この知財ビジネスアカデミーでは、知財人材のウィングを伸ばす、
というこれまでにない研修(?)が行われています。

私は、前期ゼミ=技術経営 に参加しておりますが、
大変有意義な時間を過ごしています。

知識が広がるだけではなく、色々な人と知り合いになれる、
色々な考え方に触れられる、といった収穫もあります。

知財関係者の皆様、参加をご検討いただければ幸いです。
  
*日本弁理士会が主催していますが、
弁理士資格が無くても参加できます。

【SP】 公務員試験.biz
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ☆☆ 骨髄バンク ☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

8月10日、
以前から気になっていた骨髄バンクのドナー登録が完了しました。
ほんの10分ほどでした。

   http://www.donorsnet.jp

白血病や再生不良性貧血などで、
骨髄移植を待っている方々が数多くいらっしゃいます。

30万人の登録があれば、90%以上の患者さんに適合するそうですが、
現在25万人なのだそうです。

公共広告機構が現在出しているポスターは、
 
  『本田美奈子さんが拳を握りしめて熱唱している姿』

を撮したポスターです。

自分の身体が、他人の命を救うことができるのかもしれない、
自分の存在が、他人の役に立つかもしれない、

という可能性の扉を、
ようやく開けることができました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 ご意見、ご批判などがございましたら、

   mail@ip-blog.net
 
までお願いします。

 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【発行責任者】 的場 成夫
【ブログ】        http://www.ip-blog.net/
【WEBサイト】     http://www.matoba-pat.jp/
 【ご意見・ご感想】   mail@ip-blog.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

タグ

創刊のご挨拶

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アシストマガジン          2006.09.2発行
創刊号

発行責任者:的場成夫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■創刊のご挨拶

 私、的場成夫(有限会社夢屋・代表取締役、弁理士)は、
 このたび、アシストマガジンを創刊することにいたしました。

 このメールマガジンは、

 弁理士 的場成夫のWebサイト http://www.matoba-pat.jp/
 ブログ-知的財産とビジネス http://www.ip-blog.net/

 にて行っている情報発信では
 カバーしきれないタイムリーな情報や、
 ホームページやブログには馴染みにくい情報を発信し、
 皆様の『知的活動』をアシストすることを目的としています。

■『アシスト』と名付けたのは、
 自らの身上としているフットワークやチャレンジ精神によって得た情報にて
 皆様がゴールを決めるためのパスすることができればいいな、
 と考えたからです。

 どうぞよろしくお願いいたします。

■なお、創刊号は、ブログやホームページにアクセスをいただいた方のほか、
 的場がこれまでお会いした方にお届けしています。
 もし、不要である場合には、ご面倒をおかけいたしますが
 ページ下段にある解除ページから解除願います。。

■また、転送は自由です。
 転送にて受け取られた方などで、直送をご希望の方は、
   
   http://www.ip-blog.net/

 のトップページからご登録をお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ☆☆アシストNo.1☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■IPトレーディング・ジャパン(株)にてお世話になっていた
 石橋秀喜さんが、このたび起業されました。
 
 中小・ベンチャー企業の事業化支援、起業支援、リスクマネジメント
 ならびに知的財産の活用支援を主たる業務とする
 コンサルティング会社です。

    http://www.profound.jp

■石橋さんは、知的財産管理実務ハンドブック(中央経済社)の
 中心的な著者、編者です。
    
    http://www.1men.net/links//chizai.html

■石橋さんには、仕事を通じて、ここでは説明しきれないほど、
 たくさんのことを教えていただきました。

 最初の恩返しとして、広報活動のアシストをさせていただきたく、
 ここにご紹介させていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ☆☆ビジネスコンプライアンス☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■先月、ビジネスコンプライアンス初級検定試験が実施されました。
 年に2回(8月、2月)に開催される検定試験で、今回が3回目でした。

 コンプライアンスという言葉は、昨今盛んに使われるようになりました。
 ビジネスコンプライアンスを端的に表すと、

(法令+倫理)× 責任 × 行動

 となります。

■コンプライアンスの必須科目としては、
 企業活動における基本法(民法、商法)、証券取引法、個人情報保護法、
 消費者保護法、労働法、環境法などが挙げられますが、
 この検定試験に、知的財産法が入っています。

 ビジネスの起業、継続の活動において、
 知的財産法の遵守が当然盛り込まれる、
 ということは、数年前には考えにくかったような気がします。

 正直なところ、まだまだ知名度が低いこの検定試験ですが、
 ビジネスマンとして3~5年ほどの経験を積んだ方を対象としています。
 是非、テキストを一読いただきたいと思います。

http://www.1men.net/links//biji.html

■また、テキストをただ読むのではなく、
 検定試験の受験申し込み(次回は来年の2月)をすることによって
 勉強意欲を沸き立たせ、結果を得ていただきたいのですが、
 いかがでしょうか。

【SP】商標登録
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ☆☆中小企業基盤整備機構のコンペ参加☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 独立行政法人=中小企業基盤整備機構が『地域中小企業の知財支援』
 という3年間のプロジェクトがあります。

   http://www.smrj.go.jp/keiei/chiteki/index.html

 本年が3年目です。
 昨年コンペに参加した様子は、ブログに書かせていただきました。

   http://www.ip-blog.net/2006/07/post_117.html

 それをアップした直後に、本年のコンペがあったのですが、
 コンペの審査員の一部がこのブログを読んでいたそうです。
 

■どうも、このプロジェクトの趣旨がきちんと伝わっていない、
 と感じられたようで、私のプレゼンには、厳しい質問が続きました。

 コンペの終了後、上記のブログには、
 プロジェクトの委員長を務める鮫島弁護士から
 コメントを頂戴いたしました。

 コンペには勝てませでした。
 しかし、中小企業の知財面からのアシストについて、
 その特質や難しさを現場で体験していることを最大限に訴えたプレゼンは、
 それなりに評価されたのだと理解しています。

 微力な私ではございますが、
 (独)中小企業基盤整備機構の皆様、審査員の皆様と同じく、
 中小企業をアシストさせていただきたい、
 という気持ちに変わりはないと思います。

■最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 ご意見、ご批判なございましたら、

   mail@ip-blog.net
 
 までお願いします。

 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【発行責任者】 的場 成夫
【ブログ】        http://www.ip-blog.net/
【WEBサイト】     http://www.matoba-pat.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

タグ

このページの先頭へ