イメージ画像

そもそも『知財検定』って何?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アシスト・マガジン          2007.5月20日 発行
  19号

発行責任者:的場成夫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■このメールマガジンは、

  的場成夫のホームページ http://www.matoba-pat.jp/
  ブログ         http://www.ip-blog.net/

 にて行っている情報発信では
 カバーしきれないタイムリーな情報や、
 ホームページやブログには馴染みにくい情報を発信し、
 皆様の『知的活動』をアシストすることを目的としています。

■転送は自由です。
 転送にて受け取られた方などで、直送をご希望の方は、
   
   http://www.ip-blog.net/

 からご登録願います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ☆☆ そもそも『知財検定』って何? ☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 前号(18号)にてご紹介しました「知財検定」ですが、

   聞いたことがあるけど、よく分からない
   国家資格になるらしいけど、どうなってるの?

などの声があったので、
知財検定に関する情報を、纏めてみました。
ご活用いただければ幸いです。

■国家検定への移行

http://www.ip-edu.org/newsrelease/news070110.html

現在,国家検定への移行について準備を進められていますが、
さまざまな情報が飛び交っているようです。
厚生労働省とは,未確定事項について,一切協会が単独で
発信することをしないことで合意がなされているそうで,
このページにおいて説明している事項以外は
問い合わせ対応していない、とのことです。

■検定の開発プロセス・検定制度研究会

http://www.ip-edu.org/study/index.html

■検定要綱

http://www.ip-edu.org/exam/k-youkou.html

■知的財産検定の概要

http://www.ip-edu.org/exam/pop_about-kentei.html

■学習情報

http://www.ip-edu.org/exam/gakushu.html

■合格体験記

http://www.ip-edu.org/exam/voice.html

■FAQ よく問い合わせがある事項
・検定に関する一般的な質問

http://www.ip-edu.org/faq/index-exam.html

・検定実施・準備に関する質問

http://www.ip-edu.org/faq/faq-2-exam.html

・団体受検に関する質問

http://www.ip-edu.org/faq/faq-3-exam.html

・システムトラブルに関する質問

http://www.ip-edu.org/faq/faq-4-exam.html

・検定結果に関する質問

http://www.ip-edu.org/faq/faq-5-exam.html

・検定に向けた学習に関する質問

http://www.ip-edu.org/faq/faq-6-exam.html

・その他

http://www.ip-edu.org/faq/faq-7-exam.html

■受験者/合格者データ

http://www.ip-edu.org/exam/jisshikekka.html

■合格ガイド(公認セミナー講師による学習アドバイス)

http://chizainavi.jp/ip_kenkyu/index.html

■土生弁理士による模擬問題

http://chizainavi.jp/ip_jyuken/index.html

■公式テキストの紹介

http://chizainavi.jp/ipseminar/abouttext200609.html

なお、私のブログにも、少しずつ関連記事を書き込んでいます。

   http://www.ip-blog.net/cat37/05/

ご笑覧下されば幸いです。

【SP】商標登録費用.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ☆☆ 自転車に乗ろう(2) ☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

健康のためにサイクリングをしよう、というコラムの第二弾です。

今回は、新しく自転車を買うのはちょっと・・・という方のために!
ママチャリでも、ちょっとした部品交換で、
自転車に楽しく乗れるようになる、アドバイスをさせていただきます。

1.タイヤの交換

 自転車は、路面と接しているのですから、この接触抵抗を減らせば、
軽く走れるようになるわけです。

   ワンサイズ細いタイヤ

と自転車屋さんに頼んで交換してもらえば、
ビックリするくらい、乗り心地が軽くなります。

なお、自分で交換すると、工賃を節約できます。(参考頁↓)

 http://www.geocities.co.jp/Bookend-Akiko/1275/bike-build/tire/tire.html

ただし、タイヤの購入時に、タイヤ径、サイズなどを間違えないように!

2.ハンドルの交換

ママチャリのハンドルは大抵、身体に近づくように曲がっています。
(通称「U字ハンドル」)
このハンドルでは、体重がサドルとペダルにしか分散されないので、
ペダルをこぐ力が入りにくい。

そこで、曲がりがほとんど無いハンドル(通常「フラットバー」)に
交換しましょう。
自転車に乗る姿勢が変わり、気分もガラっと変わって
自転車をこぐのが楽しくなります。

3.サドルの交換

近所へのお使い以上の距離を走って感じるのは、おしりの痛み。
前項のハンドルの交換で、かなり改善します!
サドルにかかっていた体重がハンドルにも分散されるからです。

が、それでも気になる方には、革サドルへの交換 をお薦めします。

  http://www.cycle-yoshida.com/fukaya/brooks_menu.htm

革サドルはちょっと高価なので・・・
という方には、ジェル入りのサドルカバー

  http://www.cycle-yoshida.com/accessory/saddle_cover_menu.htm

なんていうものもあります。

4.お金を掛けない裏技

 100円~無料 で、自転車の乗り心地をアップする方法があります。
それは、タイヤの空気圧を目一杯上げること。

 お手元にポンプがあったら、思いっきり空気を入れてみましょう。
大抵の自転車屋さんには、コンプレッサがあるので、
高くても100円程度で、空気をパンパンに入れてくれます。

 えっ!これ同じ自転車? と思うくらい、乗り心地が軽くなります。

5.その他
 自転車は、沢山の可動部があり、注油が必要です。
 チェーンやブレーキ可動部分などに注油することもお忘れ無く。

【SP】遺産分割.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 アシストマガジンに対するご要望、ご感想など
 ございましたらお願いいたします。
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【発行責任者】 的場 成夫
【ブログ】        http://www.ip-blog.net/
【WEBサイト】     http://www.matoba-pat.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ