イメージ画像

いわて知財セミナー2006

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アシストマガジン           2006.09.09発行
第2号

発行責任者:的場成夫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■このメールマガジンは、

  的場成夫のホームページ http://www.matoba-pat.jp/
  ブログ         http://www.ip-blog.net/

 にて行っている情報発信では
 カバーしきれないタイムリーな情報や、
 ホームページやブログには馴染みにくい情報を発信し、
 皆様の『知的活動』をアシストすることを目的としています。

■転送は自由です。
 転送にて受け取られた方などで、直送をご希望の方は、
   
   http://www.ip-blog.net/

 からご登録願います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ☆☆アシストNo.2☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回は、
 プラネット株式会社 http://www.plasnet.co.jp/
をご紹介いたします。

特許事務所とは縁の深い、「図面屋さん」です。
(本当は、他にも色々な事業をされているのですが)

社長の坂井様は、機械商社でのご経験などを活かして、
この会社を運営されています。

私の場合の典型的な依頼は、

  『この青焼き平面図から組み立て斜視図を作成して!』

といった要望なのですが、すぐに応えていただいてます。

最近では、裁判の準備書面などとして、

  『特許明細書よりも更に分かりやすい図解書類の作成』

といったリクエストにも応えられているようです。

8年前、社長の坂井様は、路頭に迷っている私を、
半年間、居候させてくださいました。

元ホテルマンという経歴もお持ちで、
知財業界の情報通でもあります。

お会いすれば、素晴らしい方であることがお分かりいただけます。

特許事務所のアシスト役、
プラネット株式会社のご紹介でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ☆☆いわて知財セミナー2006☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

9月22日:岩手県にて知財セミナーの講師を
させていただくことになりました。

日本弁理士会と岩手県とは、知財に関する支援協定を締結しました

このセミナーはその協定の一環として行われるもので、
昨年の基礎編に続き、中級編として企画されたものです。

余談ですが、いわて知財セミナーにおける

    『見つけよう、発信しよう、いわての知財』

という昨年のキャッチフレーズは、
的場が作成して投稿したところ、採用されました。

光栄なことに、本年も継続して使っていただけるようです。

弁理士6名、地元経営者2名の合計8コマが準備されています。
的場が担当するのは初日の2コマ目であり、

    知的財産の創造と管理(事業が発展するアイディア発掘のコツ)

というテーマとなっています。

何かのお役に立つことで、
私自身もエネルギーをもらってこようと思っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ☆☆ 知財ビジネスアカデミー後期クラス科目・研究ゼミ ☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本弁理士会は、知財ビジネスアカデミーを運営しています。

本年の開校式には、
内閣官房 知的財産戦略推進事務局 局長の荒井寿光様にも
おいでいただきました。

   http://www.jpaa.or.jp/ipba/ 

この知財ビジネスアカデミーでは、知財人材のウィングを伸ばす、
というこれまでにない研修(?)が行われています。

私は、前期ゼミ=技術経営 に参加しておりますが、
大変有意義な時間を過ごしています。

知識が広がるだけではなく、色々な人と知り合いになれる、
色々な考え方に触れられる、といった収穫もあります。

知財関係者の皆様、参加をご検討いただければ幸いです。
  
*日本弁理士会が主催していますが、
弁理士資格が無くても参加できます。

【SP】 公務員試験.biz
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ☆☆ 骨髄バンク ☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

8月10日、
以前から気になっていた骨髄バンクのドナー登録が完了しました。
ほんの10分ほどでした。

   http://www.donorsnet.jp

白血病や再生不良性貧血などで、
骨髄移植を待っている方々が数多くいらっしゃいます。

30万人の登録があれば、90%以上の患者さんに適合するそうですが、
現在25万人なのだそうです。

公共広告機構が現在出しているポスターは、
 
  『本田美奈子さんが拳を握りしめて熱唱している姿』

を撮したポスターです。

自分の身体が、他人の命を救うことができるのかもしれない、
自分の存在が、他人の役に立つかもしれない、

という可能性の扉を、
ようやく開けることができました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 ご意見、ご批判などがございましたら、

   mail@ip-blog.net
 
までお願いします。

 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【発行責任者】 的場 成夫
【ブログ】        http://www.ip-blog.net/
【WEBサイト】     http://www.matoba-pat.jp/
 【ご意見・ご感想】   mail@ip-blog.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ