イメージ画像

NRIサイバーパテント・知財実務セミナーのご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アシスト・マガジン       2011.5月10日 発行
  66号

発行責任者:的場成夫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ○○○ 日本のために自分がやれることを頑張る! ○○○

   ~~~ 転送は自由です。 ご活用下さい。~~~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ☆☆ NRIサイバーパテント・知財実務セミナーのご案内 ☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 私の友人弁理士でもある鮫島正洋弁護士が講師を務めるセミナーのご紹介です。
このセミナーは、NRIサイバーパテント株式会社が主催し、
5/30(月)から11月までの間、5回に分けて開催されます。
 知財実務に関する実践的な内容を、教科書的な話に終始するのではなく、
生きた事案、生きたノウハウを鮫島弁護士がお伝えする、とのことです。
 皆様、是非ご参加ください。

 ※尚、このセミナーは、日本弁理士会の継続研修として申請中です。
  このセミナーを受講し、所定の申請をすると、外部機関研修として
  各テーマにつき2単位が認められる予定です。
  (全部受講すると10単位を稼げることになりますね。)

  セミナーの詳細は、コチラ ↓
      http://bit.ly/l50j1Q

第一回 「特許ライセンス契約の戦略的な考え方」
日 時: 2011年5月30日(月)18:30~20:30
場 所: 丸の内北口ビル (http://www.nri.co.jp/company/map/nri_honsha.html)
お申込: 申込フォームはこちら↓
      http://bit.ly/kGSOeN

 上の申込フォームにご記入の上、
  NRIサイバーパテント(株)知的財産コンサルティング事業部
  FAX 03-5208-5550 へお送りください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ☆☆ 東北関東大震災に関する様々な情報(2) ☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎ 復興と経済

  http://ht.ly/4BDFz

◎ 田坂広志氏のメッセージ動画

  http://www.youtube.com/watch?v=UO9wZZSJd0w

◎ 明るいニュースのみ編集という方針の新聞 = ファイト新聞

 http://www.asahi.com/national/update/0415/TKY201104150190.html

◎ 登山医学会の活躍

  http://jsmmed-tozanigaku.sblo.jp/
  https://aspara.asahi.com/column/eqmd/entry/IdBOAc4YuD

◎ 災害時 相互里親避難所 申請登録

  http://goo.gl/sNqi2

◎ 国も宗教も時代も超えた正義とは

  http://ow.ly/1sNyKg

   ↑この記事を読んだ方は、こちらへ↓

  http://www.youtube.com/watch?v=oZzp0e-m-ng

【PR】 引越し業者 見積もり

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ☆☆ 自転車に乗ろう(43)   ☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 本メルマガの読者の皆様とお会いする機会や電話、メールで連絡する機会に、
自転車選びについて、色々アドバイスを求められることが多くなりました。
 これも、自転車に対する関心が高まっているからでしょう。

 大胆な言い方をすれば、自転車選びは、「タイヤの直径と横幅」
(正確には「横幅」ではなく、リムからの高さなのですが)にて、ほぼ決まります。

 タイヤの直径は、26インチ(650C)、27インチ(700C)といった呼び方であり、
タイヤの横幅は、1.5インチ、23C、といった呼び方です。
1インチは25.4ミリメートルをかけ算し、「C」はそのままミリメートルです。

 20インチ以下のタイヤ直径はこぎ出しが楽ですが、スピードが落ちるのが早い。
タイヤの直径が大きいと、こぎ出しがやや重たいもののスピードは落ちにくいので
長距離を乗る場合に疲れにくく、26~27インチが「ツーリング向き」となります。

 同じツーリング向きでも、タイヤ幅が狭いと転がり抵抗が小さくなるので、
「レーサータイプ」と呼ばれます。
 別にレースに出るつもりはなくても、非力だが早く/楽に走りたい、という方は、
23~25Cというタイヤが予め装着された車種を選びます。

 タイヤ幅が太くなると転がり抵抗は大きくなりますが、クッションも良くなります。
乗り心地を重視したのんびり走行をしたい方には、太めと言われる
28~38Cというタイヤが装着された車種を選ぶことになります。

 予め細いタイヤ(23~25C)が装着された車種を選んでいて、
太いタイヤに交換することは困難なのですが
(ブレーキやフレームの設計上、太いタイヤが入らないことが多いため)、
予め太いタイヤが装着された車種を選んでいれば、
細いタイヤに交換することはほぼ可能です。
 最近サイクリングを始めた友人3~4人が、いずれもこのパターンでした。
たとえば、700×35Cのタイヤを装着した自転車を購入した友人は、
暫くしてから「もっと軽く走りたい」と希望し、23Cのタイヤに交換しました。
(フレームが速く走るように設計されていませんから、バランスが少々悪くなりますが、
 気になるほどではないようです。)

 結論としては、太めのタイヤが予め装着された車種を選んでおけば、
のんびり走行からスピード走行に変更が可能、逆は不可ということです。
 
 自転車選びの参考にしていただければ幸いです。

【PR】 プリウスアルファ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 的場の近況報告

○ 65号にてご紹介したチャリティコンサート(4月26日)に出掛けてきました。
 友人と食事をして、募金もしてきました。

○ 震災の時の安否確認に有効だったとの評価が多かったFacebook
(http://www.facebook.com/)を始めてみました。
  既に使われている方、アクセスしてみてください。
 でも、使い方がまだまだ分かっていませんので、レスが遅くてもご容赦を。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■ 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

  アシストマガジンに対するご要望、ご感想など
  ございましたらお願いいたします。  → admin@ip-blog.net 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【発行責任者】 的場 成夫
【知的財産とビジネス】 http://www.ip-blog.net/
【的場特許事務所】    http://www.matoba-pat.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ