イメージ画像

事業再編における信託活用の実務

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アシスト・マガジン          2008.8月13日 発行
  40号

発行責任者:的場成夫
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■このメールマガジンは、

  的場成夫のホームページ http://www.matoba-pat.jp/
  ブログ         http://www.ip-blog.net/

 にて行っている情報発信では
 カバーしきれないタイムリーな情報や、
 ホームページやブログには馴染みにくい情報を発信し、
 皆様の『知的活動』をアシストすることを目的としています。

■転送は自由です。
 転送にて受け取られた方などで、直送をご希望の方は、
   
   http://www.ip-blog.net/

 からご登録願います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ☆☆ パテントコンテスト ☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

パテントコンテストとは、高校生・高等専門学校生および大学等、
学生を対象として応募された発明の中から、優れたものが表彰される
というコンテストです。

表彰された発明を、実際に特許庁へ特許出願し、特許権の取得を目指すことで、
知的財産権制度を実体験することができます。

また、特許出願の際には、弁理士のアドバイスを無料で受けることができます。
(弁理士会のご担当の皆様、お疲れ様です。)

しかも、特許出願に必要な経費(特許出願料、審査請求料、特許料(第1~3年分))
を主催者が負担してくれます。

  ※ 詳細はこちらをご覧ください。
  http://www.inpit.go.jp/jinzai/contest/20_patent_contest.html

応募締切は、9月19日(金) です。

夏休みの宿題で、「自由研究」を提出予定の皆さん、
パテントコンテストへの応募を前提に、宿題をして一石二鳥を狙ってみませんか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ☆☆ 事業再編における信託活用の実務 ☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 中央経済社から『事業再編における信託活用の実務』という本が
発行されました。

   http://shop2.genesis-ec.com/search/result.asp?shopcd=17262

改正された信託法によって知財信託が可能になりました。
それらをどのように活用するか、
シミュレーションで信託活用のビジネスモデルを解説しています。

 編者(IPトレーディング・ジャパン社)における知財コンサルティングの
手法の一部も、資料として掲載されています。

【SP】記憶術
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ☆☆ 中小企業・ベンチャー企業向け 知財セミナー・続報 ☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 7月29日に横浜にて、私が講師をやらせていただいた
   中小企業・ベンチャー企業向け 知財セミナー
は、「知財管理」をテーマとしたものでした。

 このセミナーは単発ではなく、初級から中級レベルで、
様々なテーマにて開催が予定されています。
(ご担当の講師や事務局の皆様、お疲れ様です。)

関心のあるテーマがありましたら、是非ご活用下さい。

【開催日およびテーマ】

・8月19日(火)13:30~16:30
     「海外事業展開と知財戦略について」
   http://www.jiii.or.jp/semina/pamph/0819_foreign.pdf 

・8月28日(木)14:00~17:00
     「バイオ企業のための知的財産戦略」
   http://www.jiii.or.jp/semina/pamph/0828_bio.pdf 

・9月2日(火) 13:30~16:00
     「意匠の戦略的活用(実践編)」
   http://www.jiii.or.jp/semina/pamph/0902_isyo.pdf 

 全てのセミナーについての詳細はこちらです。

http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/tokkyo/20080716chusho.html 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   ☆☆ 自転車に乗ろう(20)  ☆☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 まだまだ暑い日が続きます。熱中症防止のためには、水分補給が大切!
 今回は、携行する飲料について書いてみます。

 サイクリングに出掛けるときには、「真水」の携行を必須としましょう。
なぜ「真水」なのか?
 これは、飲料のみを目的としているのではなく、
     怪我をした際に傷口を洗う、
     修理をした後に手を洗う、
などにも使うためです。

 しかし、熱中症の予防には、真水はあまり向いておらず、
イオンやミネラルを含んだいわゆるスポーツドリンクがお薦めです。
 したがって、暑い時期には二種類のボトルが必要になるわけです。

 熱中症予防だけでなく、疲労を軽減するためにも、
のどが渇く前に補給する、というのが鉄則のようです。

  携帯しているとぬるくなって飲みにくい、といった理由で
  のどが渇いたら自動販売機やコンビニを利用すればいいや!

という方も増えているようですが、どこで転んで怪我をするか、分かりません。
少なくとも、「真水」は携行してくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■ 今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 アシストマガジンに対するご要望、ご感想など
 ございましたらお願いいたします。

■ アシストマガジンおよびブログ (http://www.ip-blog.net/)
 のスポンサーを募集しています。

【SP】就活証明写真.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【発行責任者】 的場 成夫
【ブログ】        http://www.ip-blog.net/
【WEBサイト】     http://www.matoba-pat.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ